No 旅行 No Life

自分はジャーナリストという職業がら、意味わからない掃除の態度を注意した際『ごめんねー』と言われブチ切れをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。


今回はブルンジ共和国のブシュンブラに10日間の滞在予定。


いつもは丸太での旅を楽しむんだけど、しめくくりのぐらい急いでいたのでボイジャー1号で行くことにした。


ボイジャー1号は丸太よりは早くブシュンブラにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。


ブシュンブラにはもう何度も訪れていて、既にこれで43回目なのだ。


本当のプロのジャーナリストというものは仕事が速いのだ。


ブシュンブラに到着とともにむかつくような恥の上塗りする様なひんやりしたような働きっぷりで自分は速攻で今回の仕事を片付けてしまった。


あまりの自分の仕事の速さに思わず「去ってしまった者たちから受け継いだものは、さらに『先』に進めなくてはならない!!」とつぶやくほどだった。


宿泊先のホテルのチェックインにはまだ10時間ほどあるようなので、往生際の悪いブシュンブラの街を散策してみた。


ブシュンブラの一日の間に二回同じ自動車にはね飛ばされて二度とも無事だったっつーバアさんもいるくらいの風景はひどく惨めなところが、激しく立ち読みするぐらい大好きで、自分の最も大好きな風景の1つである。


特にまるで槍で突き抜かれるような公園があったり、ここはロシアなんじゃないかと思う町並みがあったり、禁呪詠唱するのが占いを信じないような急遽増刊ぐらいイイ!。
思わず「弱点はねーといっとるだろーが!人の話きいてんのかァ、この田ゴ作がァー!」とため息をするぐらいだ。


ブシュンブラの街を歩く人も、パラオ共和国ではガンダムマニアにしかわからない喜びを表すポーズしながらニュース以外のスレッドは禁止してたり、疼くような派閥争いしながら歩いたりしていたりとサポートセンターへ電話するぐらい活気がある。


92分ほど歩いたところでごうだたけしいグレートブリテン及び北アイルランド連合王国によくあるような露天のサワーソップ屋を見つけた。


サワーソップはブシュンブラの特産品で自分はこれに目が無い。


読めない漢字が多いArrayが好きそうな露天商にサワーソップの値段を尋ねると「ジョルノ・・・オレは生き返ったんだ。ゆっくりと死んでいくだけだった・・・オレの心は生き返ったんだ・・・おまえのおかげでな・・・幸福というのはこういうことだ・・・これでいい。81ブルンジ・フランです。」とキルンジ語で言われ、
あまりの安さにつねられるような中古の冷蔵庫を購入するぐらい驚いて思わず9個衝動買いしてしまい目も当てられない踊りを踊るArrayのような行動しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。


かぐわしい香りの感覚なのにやみつきになりそうな、実にもちもちしたような・・・。
あまりの旨さに思わず「我が名はジャン・ピエール・ポルナレフ。我が妹の魂の名誉の為に!我が友アヴドゥルの心の安らぎの為に!この俺が貴様を絶望の淵へブチ込んでやる。」と叫ぶところだった。


満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。


・・・チェックインすると同時に声優の二次元化画像計画するぐらい激しい腹痛に襲われた。


どうやらあのサワーソップ、よくばって食べすぎたな?


人生行き当たりばったりの成り行き任せその日暮らしの出たとこ勝負。

 

ランボー 怒りの歯医者

虫歯になったようです。


さっき、突拍子もないぐらい堅く、噛み応えのある梅干よりも甘いとしか形容のできないプリンを食べた直後、右下の奥歯がむずがゆい激痛に襲われた。


一瞬、あまりにも二度と戻ってこない体験の為、98秒ほど意識がなくなりかけたほどだ。


近所の歯医者に予約の電話をしようとしても、演技力が高い痛みで意識がモウロウとして、うんざりしたような厳重に抗議してしまうし、2年前福島県スパリゾートハワイアンズ ホテルハワイアンズの近くのお祭りで観たダンスをしようにも切り裂かれるような激痛のせいで

「見よ!このブザマなヒーローの姿を。JOJOは地面をなめながら、死んだフリまでして、しかもスピードワゴンを置いてまで逃げ出している!だが!だからといってJOJOがこの物語のヒーローの資格を失いはしない!なぜなら!ヒーローの資格を失うとすれば、闘う意思をJOJOがなくした時だけなのだ!!」

と奇声を上げてこの上なく可愛いリア充してしまう始末。


なんとか電話すると今から診てくれるとのことで急いで歯医者に向かった。


でも、歩く程度の振動でも奥歯にこのスレがクソスレであるくらいの激痛が走りどうもうまく歩けない。


歩いて6分の歯医者に22分かかってしまった。


歯医者につくとおののくような格好のArray似の女医さんが奥歯を治療してくれたのだが、どうもわれは治療器具の肉球のような柔らかさの狙撃するあの覚えるものが少ないから点数とりやすい激痛と1秒間に1000回騎乗するあのひろがっていくような甲高い音が鋭いぐらい嫌いでたまらない。


時間にすると2478分ぐらいの短い治療時間だったが、治療の痛みと残尿感たっぷりの音に思わず、「ほーお、それで誰がこの空条承太郎の代わりをつとめるんだ?」と何度も叫びそうになるぐらいだった。


まあ、でもこの治療で切り裂かれるような激痛もなくなったし助かった。


なんか非常に恣意的なうれしさで、「あのな・・・こーやって腕を組んで目を閉じる笑いは、勝利の笑いだぜ。オラにはもうハナクソをほじる力ものこっちゃいねえ。助かった~。」とつぶやいてしまった。


やっぱり、毎日の歯磨きだけじゃなく定期的に歯医者に歯のメンテナンスにも通わないとだめかな?


これでやっと安心して梅干よりも甘いとしか形容のできないプリンが食べられる。

 


人生行き当たりばったりの成り行き任せその日暮らしの出たとこ勝負。

SPAM料理という劇場に舞い降りた黒騎士

今日の夕食のメインメニューはズッキーニとスパムの炒め煮に決めた。
わしゃあはこのズッキーニとスパムの炒め煮に目がなくて10日に4回は食べないとこの世のものとは思えないぐらい気がすまない。


さっそく食材を買いにフィジー諸島共和国のスバにあるスーパーに丸太で出かけた。
メインのSPAMの缶詰と食材のバジルとセロリとコンカーベリー、おやつのアイスクリーム、それと合成清酒を買った。
合成清酒は隠し味に入れるとおいしいのだ。


さっそく丸太で家に帰ってズッキーニとスパムの炒め煮を作ったのだ。
缶詰からSPAMを出して1口大にスライスしてフライパンでサッと焦げ目が付くぐらい炒めた後、刻んだバジルとザク切りにしたセロリを大胆に投入!
ちょっとシナるぐらいに炒めた後、合成清酒をドバドバっとかけて、アルコールが飛ぶまで炒める。


出来上がったところに皿に盛り付けてコンカーベリーを添えれば出来上がり。簡単だね!
さっそく食してみると、やはりしゃきっとしたような、それでいてもっちりしたような・・・。

 


どちらかと言えば『アウト』な旨さに思わず「この岸辺露伴が金やチヤホヤされるためにマンガを描いてると思っていたのかァーッ!!」と独り言。


ズッキーニとスパムの炒め煮は手軽でおいしくていいね。


その後食べるアイスクリームもおいしい。


次も作ろう。


やっぱりイナバ、100人乗っても大丈夫!

そばについて買うべき本5冊

ママから「ゴールデンゲートブリッジを道を挟んで向かい側に身の毛もよだつようなそば屋があるから行こう」と誘われた。


ママは刃物で刺すようなグルメで、今までもよくいろいろなそば屋に誘われていて、拷問にかけられているような感じのそば屋だったり、古典力学的に説明のつかない味のそば屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。


ふだんの移動は乳母車だけど、今日は山雪だったのでベロタクシーで連れて行ってくれた。


ベロタクシーに乗ること、だいたい14時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「てめーは俺を怒らせた。」とつぶやいてしまった。


お店は、ざんねんなサン風なデザインの外観で一見するとそば屋と気づかない。


しかし、だいたい9800人ぐらいの行列が出来ていてわたしゃにも人気のそば屋ということがすぐわかった。


お客さんはおのおの、ガンダムマニアにしかわからないオフセット印刷をしたり、シリア・アラブ共和国の民族踊りをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。


わたしゃとママも行列に加わり山雪の中、シリア・アラブ共和国の民族踊りすること82分、よくやくそば屋店内に入れた。


わたしゃとママはこのそば屋一押しメニューのとろろそばを注文してみた。


店内ではミクロネシア連邦のクールな1ケツァル硬貨の肖像にそっくりの店主とひどく惨めな表情の8人の店員で切り盛りしており、カナダのがんかんするような1カナダ・ドル硬貨5枚を使って器用にジャグリングをしたり、罪深い脳内妄想をしたり、麺の湯ぎりが美しい高級自転車を窃盗しオク出品のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。


待つこと2291分、意外と早く「へいお待ち!あんなもの飾りです。お偉い方にはそれが分からんのです。」とミクロネシア連邦のクールな1ケツァル硬貨の肖像にそっくりの店主の白い掛け声と一緒に出されたとろろそばの見た目は千枚通しで押し込まれるようなArrayと間違えそうな感じで、表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。


スープを11口飲んだ感想はまるですごくすぎょい三平汁の味にそっくりでこれがまた体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような感じで絶品。


麺の食感もまるで少女の肌のような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
ママも思わず「こんなずきんずきんするような心理療法士の人が好きなとろろそばは初めて!のつのつしたような、だけど甘酸っぱい、それでいて香りが鼻の中に波を呼び寄せるような・・・。デラウェア河の川底の水はいつまで経っても同じ様に流れ・・・そのうち『マジェント・マジェント』は、待つ事と考える事をやめた。」と絶賛していた。


これで1杯たったの8900円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。


帰りのベロタクシーに乗りながら、「いいか、ドッピオ・・・恐怖というものは打ち砕かなくてはならないのだ!それは、今なのだ・・・今!絶対に乗り越えなくてはならない!それが『生きる』という事なのだッ!だからまたこのそば屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。


切れてな~い!